⑩歯列矯正ブログ【大人の歯列矯正比較画像】八重歯

1.歯列矯正
定型文

※記事内の情報は作成時の情報です。また正確な金額・治療内容などの情報は必ず各公式HP等をご確認ください。

アラサー歯列矯正はじめました。毎月の様子をブログにしています。参考にしてくださいね。

比較写真や、歯列矯正による口内炎対策についてもお話しています。

スポンサーリンク

歯列矯正を始めて半年が過ぎ7ヶ月目

歯列矯正を始めて半年以上立ちました。始めてのことだらけで不安でいっぱいでしたが、いまのとろはそこまで辛い思いはしていません。

そして先々月の11月に抜歯したところももうなんの痛みも違和感もなく、歯ブラシも普通にできています。すこーしづつですが歯が動いている気がして毎日楽しみです。

矯正7ヶ月後の写真

矯正開始から 7ヶ月後の写真です。

前から見た歯

下から見た歯

抜歯したばかりなので思いっきり抜け歯ですが、コンプレックスだった「歯が大きい」のおかげ?で抜けているところが普段は外からあまり目立ちません。

ちょっと歯を出して軽くニコッと笑うくらいなら揃っているように見えるくらいです。

最初と今の比較

ガタガタの印象はだいぶマシいなりましたね。

一旦前に出して揃えた影響でまだ出っ歯状態ですが…ガタガタよりは少々出っ歯の方がマシです。個人的に。

7ヶ月目に急にでてきた問題

今まで比較的予想外な目にも合わず、順調だと思っていたのですが、ここにしても問題発生です。

左奥のワイヤーの最後が頬にグサグサ刺さって口内血の味+傷口が痛む事態に…

短く切ってくれてなかった??と思い調べたところ、これは「歯が動いている証拠」らしいです。歯が動いた分ワイヤが出てきちゃうとかなんとか。

真実は次回の調整できいてみようと思います!

それでやっていいことかわかりませんが痛かったので自力で伸びた分のワイヤー(数ミリ)を頑張って曲げました。歯の動きに影響出そうだから多分やっちゃだめです。

ワイヤーやブラケットが刺さって痛いときは?

痛いときには、口内を保護するためのワックスを丸めて気になる部分にくっつけます。食事のときは外さなくてはならないので若干面倒ですが痛いよりマシですよね。

歯列矯正による口内炎でお悩みの方にもおすすめです。歯医者さんでも購入できますし、ネット通販でも売ってます。

口内炎が痛いときは

口内炎ができて痛みがでてしまってからカバーしても痛みは消えませんよね。そういったときは、口内炎パッチや口内炎用の軟膏がおすすめです。

刺激から守るだけですっと痛みがひくので私は常備しています。

口内炎ができないようにする方法

頬を噛んだりブランケットが当たったりと傷をつけたことが原因の口内炎の場合は、口内が傷ついてから塞がるまでいかに清潔に保つかがポイントです。

私はテレビでやっていた、「口内炎になりたくなければ傷は消毒して触れない」というのを実践しています。もう何年も口内炎で悩んでいません!

まずは噛んでしまったりブランケットが当たって痛い場合、寝る前だけでも良いのでうがい薬で口内洗浄するか、もしくは喉スプレーで殺菌します。※あくまで私流です

ちなみにイソジンは喉がれが起こりやすいので私はアズレン系のスプレーを使用しています。紫のやつ。

インフルエンザや新型肺炎コロナウイルスなども話題ですし(ウイルスに対しての効果の有無はわかりませんが)

人混みに行ったときなどにも使用しているので、それが適度な殺菌になっているのかも知れません。

この口内炎対策をしてからは本当に1回も口内炎できてません。何年も。できかけて、痛くなりそう!となってからでも大丈夫でした。

外出先で殺菌したい状況になったときのことを考えると、喉スプレーが一番簡単かもしれませんね。うがいだけでも良いそうですが私はこっちのほうが合っていました。

歯列矯正による口内炎でお悩みの方にはぜひカバーと一緒にお試しいただきたいです。口内炎用消毒剤ではないので自己責任ですが同じ口内使用ですしいいかなと思って使ってます。

コメント